家庭用浄水器

IKORの特徴その1

フィルター専門メーカーの「オリジナル吸着ろ材」を採用

IKORの高性能フィルターカートリッジは、アセロラジュースで
濾過(ろか)実験した際ご覧のとおり高い浄水能力を発揮しました。
吸着ろ材を採用することで、口当たりはさらにまろやかになり
よりおいしい水をお楽しみいただけます。

「オリジナル吸着ろ材」ってどんなフィルター?
IKORの高い洗浄能力をチェック
IKOR

IKORの特徴その2

おいしく安全な水がより身近になります

活性炭・セラミック、中空糸膜に加えて、フィルターメーカーならではの
オリジナル吸着ろ材を使用したフィルターカートリッジです。
この吸着ろ材は、ソフトドリンクをはじめ、ビール、日本酒の製造工程の
異物除去用として、数多くの企業に採用されている実績のあるものです。
これら3つのろ材構成が「JIS(日本工業規格)」で指定されている
除去対象項目13物質および、「JWPA(日本浄水器協会)」で
指定されている除去対象項目2物質をしっかり除去しながら
水のミネラルはそのまま残します。

オリジナル吸着ろ材を使用した吸着フィルター

吸着フィルター 安心のミネラル
IKOR

IKORの特徴その3

IKORは15項目の除外対象物に対応しています。

イコーポット型浄水器は、主に家庭用浄水器を対象とした、飲料目的で使用される水道水の規格に対応しています。
除去対象項目には、JIS(日本工業規格)で指定されている13項目ならびに、JWPA(日本浄水器協会)で指定されている2項目があります。
現在、日本ではJIS規格で指定されている13項目がスタンダードな除去対象項目となっています。
※除去率は80%以上が規定とされています。

JIS指定除去項目(13項目)
No. 除去項目名 内容 水・人体への作用
1 遊離残留塩素 原水の消毒・細菌やウイルスの殺菌を目的として使用される塩素が水道水中に残ったもの。 塩素臭がし、水の味を損なうことが考えられます。
2 濁り 水中に分散している微粒子。 水の透明度を低下させます。
3 総トリハロメタン クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、
ブロモホルムの総称で、各濃度の合計値。
肝障害や腎障害を引き起し、発癌性や催奇性(さいきせい)が問題視されています。
4 クロロホルム 水中の有機物質と遊離残留塩素が反応して生成されます。
5 ブロモジクロロメタン
6 ジブロモクロロメタン
7 ブロモホルム
8 溶解性鉛 水道管(鉛配管)から溶け出したもの。 体内に蓄積されると、胎児や乳幼児の知能障害を
引き起こす恐れがあります。
9 農薬(CAT) 除草剤に使用され、配管中に浸入します。 内分泌かく乱作用を有すると疑われます。
10 カビ臭(2-MIB) 水中の異臭。 水の味を大きく損ないます。
11 テトラクロロエチレン ドライクリーニング・金属洗浄剤に使用され、
空気中に揮発しやすく地下水に移行して
土壌を汚染することもあります。
肝障害や腎障害を引き起こし、発癌性が問題視されています。
12 トリクロロエチレン
13 1,1,1-トリクロロエタン
JWPA指定除去項目(2項目)
No. 除去項目名 内容 水・人体への作用
1 水道管(金属配管)から溶け出します。 赤水等の原因になり水の味・透明度を損なうと考えられます。
2 アルミニウム 凝集材として浄水処理に使用されます。 体内に蓄積されると、アルツハイマー病の原因になるとされています。
IKOR

商品ラインナップ

イコーポット型浄水器

交換カートリッジ